【レビュー】可愛すぎるピンクのキーボード「K855」を実際に使ってみた!

こんにちは、とっつぁんです。

今日はlogicoolから新しく発売された「K855」を実際に使ってレビューしてみました!

結論から言うと、買って大満足!すごくお気に入りの大好きなキーボードになりました。

私は基本的にiPadに接続して使っています。買おうか迷っている方の参考になれば幸いです!

目次

logicool K855の基本スペック

K855のローズカラーは2022年9月8日に発売。気になるスペックはこちら!

  • 赤軸のメカニカルキーボード
  • BluetoothまたはUSBレシーバーで無線接続可能
  • 最大3台のデバイスに接続可能。Easy-Switch(キー)で切り替えも簡単
  • 単4乾電池2本使用で電池寿命は最大36ヶ月
  • スマートな見た目で持ち運びも簡単
  • 公式ストアの価格は11,550円                  

メカニカルキーボードということで、ゲームにも使えるのが魅力的です。

実際にiPadでK855を使ってみた!

このブログ記事は、実際にiPadにK855を接続して書いています。作業風景はこちら!

見た目、結構いかつい。

iPadに対してだと、キーボードとしてはコンパクトな方ですがゴツめの印象になりますね…。

普通にノートパソコンやデスクトップで使うならきっと違和感ないと思います。スマートが売りだし。

この状態で使ってみて感じた良かった点・イマイチな点をレビューしていきます。

実際に使ってみて良かった点

POINT
  • とにかく打ちやすい
  • 日本語配列なので使いやすい
  • 独自キーでスクリーンショットなどキー1つで行えるのが便利
  • ピンク(ローズカラー)の配色が可愛すぎる

さすがメカニカルキーボード。めちゃめちゃ打ちやすいです!

バックオフィスの方やライターさん等、打つ量が多い方でもストレスなく使っていただけると思います!

また、おしゃれなキーボードは英語配列しかないものも多いですが、こちらのキーボードは日本語配列のため違和感なく使えます。

そしてこちらのK855では、Fキーに独自のショートカットキーが設定されており、前述したようにキー1つでスクショを撮ったり、マイクミュートしたりすることが可能!

普段Fキーをよく使う方はもしかしたら要らない機能と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、Fn +Escキーで一般的なFキーとして使うことも可能です。

ここまで私はめちゃくちゃお気に入りになりましたが…次はイマイチだなと感じたところ。

実際に使ってみてイマイチだなと感じた点

POINT
  • 打鍵音が大きい
  • テンキーがない
  • カフェなどに行くには持ち運びに不便

このキーボードの最大の難点が打鍵音が大きいところ。

図書館などの静かな場所では結構大きく響くかと…タイプ音が気になる方もいらっしゃると思うので、オフィスで使おうとすると常時電話が鳴っているような賑やかな環境じゃないと使用は難しそう。

また、テンキーがないのは個人的には不便。コンパクトさが売りなので仕方ないのですが…経理を扱う職種だと、テンキーがないのは地味にストレスですよね。

コンパクトさが売りと言いつつ、持ち運んでカフェとかで作業…はできないと思います。そもそもメカニカルキーボードは外に持ち運ぶものではないと言われそうですが、公式サイトには持ち運び出来るよ風に書いてあるんだもん。

K855のレシーバーはどこにある?

ストアのレビューなどでよく見られるのが「レシーバーがついていない」というもの。

分かりづらいですが、K855のレシーバーは箱の差込口のところに入っています

分かりづらいですが、ここ!!

なんでここに収めることになったんでしょう…。間違って捨てる方もいそうだけどなあ…。

これから購入される方はどうかご注意を。私もレビュー確認してなかったらやらかすところでした。

【総評】K855、大好きなキーボードになりました!

イマイチな点も挙げましたが、圧倒的に打ちやすく可愛いK855、とってもお気に入りのキーボードになりました!

ピンクで可愛い上に打ちやすい。記事を書いていてめちゃくちゃテンション上がります。

可愛くないのはお値段が約1万円という部分だけ。しかし値段相応の価値はあると思います。

迷っている方には是非是非おすすめしたいキーボードです!!

商品のリンクは下記から飛べます!普段お使いになっているストアでチェックしてみてくださいね。

私が使っているマウスは後述するK380に合わせて購入したものなので、こっちのマウスの方がお揃い感出るんじゃないかな〜というのを貼っておきますね。

【備考】K855の印字がずれている?

このK855に限らず、時々キーボードのレビューで見かけるのが「キーボードの印字がずれている」と言うもの。

打ったキーと入力される文字が違う現象が起こっているため、レビューで低評価がついていることがありますが…。

実はiPadに日本語配列のキーボードを接続しても、英語配列のキーボードとして認識されてしまいます。

これはiPadに起因するものなので、キーボードメーカー側ではどうしようもありません。

ちなみに対処法もApple純正の日本語配列キーボードを使うことしか方法がありません。なんて仕様なんだ。

でも純正のを買うほど不便かと言われるとそうでもないです。違うと言っても記号の一部が違うだけなので…。

実際私は1年以上、iPadに日本語配列キーボードを接続してブログ記事を書いています。

配列を気にして妥協したキーボードを買うくらいであれば、自分が本当に気に入ったキーボードを買う方が満足度も高いし結果的に長く使えると思います。

iPad起因のズレでキーボード側が悪く言われるのは悲しいので、ここに書かせていただきました。

長くなりましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次